ホームへ

BEAUTY CUBE コラム


 ビューティーキューブ  美 ・ バランス ・ 美白を目指す

 活性酸素と戦うビタミンCとE
活性酸素を抑えるためには、日頃からの食事に気を付けることが有効な手段です。
ビタミンCは細胞の増殖に関わる遺伝子の塩基の並び(テロメア)が切断されるのを抑制するため、細胞が長生きするのを助けます。つまり活性酸素の作用を抑えます。特にヒドロキシラジカルという活性酸素に対して最も効果的に作用します。
活性酸素にはビタミンEも効果的です。細胞膜は不飽和脂肪酸と呼ばれる脂質が主な成分ですが、これらは活性酸素によって酸化脂質に変化します。このとき活躍するのが、活性酸素を抑えるスカベンジャー(消去剤)です。ビタミンEは脂質に溶ける性質があるため、細胞膜を活性酸素から守るために大切な物質なのです。ビタミンEは活性酸素が発生すると細胞膜の身代わりになり、自分の持つ電子を与え自分自身が酸化されたうえで、活性酸素をおとなしい酸素に戻してくれます。酸化してしまったビタミンEはスカベンジャーではなくなりますが、このときビタミンCはビタミンCに電子を渡し。再び元のビタミンEに還元する作用を持っているのです。